Raspberry Pi 4でSoftether BridgeでVPNを張る

学校が再開した途端寮内ネットワークに繋いでるUSBドングルが壊れたので環境移行

ネットワーク構成

寮内ネットワーク(WiFi)
└Raspberry pi 4(wlan0)
 VPNBridge(eth0へローカルブリッジ)
 eth0
 ├WiFi AP
 ├PC
 └ファイルサーバ

最初やろうとしたこと

Softether VPN ClientでVPN接続

eth0にブリッジ

これがうまくいかないままVPN接続用に使っていたPCが性能不足で不安定になっていたので入れ替え

構築を始めよう

まず必要なものを突っ込む

sudo apt update
sudo apt install gcc make

次にここからVPNBridgeをダウンロードする

https://www.softether-download.com/ja.aspx

Raspberry piなので ARM EABI(32bit)を選択してDL

展開

tar -xzvf VPNBridgeのgzファイル

インストール

cd vpnbridge/
make

同意するか出てくるので 1の同意を選択

移動&設定

cd ..
sudo mv vpnbridge /usr/local/
cd /usr/local
sudo chown -R root:root vpnbridge
cd vpnbridge
sudo chmod 600 *
sudo chmod 700 vpnbridge

サービスファイルの作成

sudo vim /etc/systemd/system/vpnbridge.service
[Unit]
Description=SoftEther VPN Bridge
After=network.target network-online.target

[Service]
ExecStart=/usr/local/vpnbridge/vpnbridge start
ExecStop=/usr/local/vpnbridge/vpnbridge stop
Type=forking
RestartSec=4s

[Install]
WantedBy=multi-user.target

デーモンをリロード

sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl start vpnbridge
sudo systemctl enable vpnbridge

Windowsから設定

https://www.softether-download.com/ja.aspx

ここからVPN Manager for windowsをダウンロード

新しい接続設定から以下のように設定.ホスト名はBridgeを導入したラズパイのIPを入力
パスワードは不要

接続するとパスワード作成画面が出ます

設定してOKを押す.

簡易セットアップに従って設定します

入れたものはVPNBridgeなので,拠点間接続VPNサーバまたはBridgeのみ選べます

そのまま次へを選択

接続先の設定をします

次に,ローカルブリッジにeth0を指定すれば接続設定の完成です

私の環境では,ラズパイのゲートウェイ設定がVPN先になってしまっていたので,その都度削除しています

$ route del default gw VPN先のゲートウェイ

これでeth0にPCを接続するとVPN先のIPが振られるはずです.
IPが降ってこなくても状況が確認できるように,eth0に性的IPアドレスを振っておいても良いかも?

$ sudo ifconfig eth0 10.128.X.XXX/NN

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください