インD研の配信環境とか

前回の記事

前回の記事の手法では,自宅サーバまでの速度が出ず映像音声を取りこぼすことがよくあったので,Twitchを使ってミラーすることにしました.

配信に使ったPCの性能

マザーボードASRock Z390 Pro4
CPUIntel Core i7 8086k(OC)
RAM8GB
グラフィックIntel UHD Graphics 630

配信環境

フレッツ光
プロバイダ:BIGLOBE

PC<=>RTX1200<=>PR-400KI<=>Internet

使ったソフトやサービス

配信画面を作ろう

GIMPを使って適当に作りました.
出力サイズに合わせてデザインしたほうが,OBSで配置する時楽になるのでこのときに大体のサイズを決めておきます

アルファチャンネルを含む画像だったのでpngで出力

OBSに読ませていろいろする

背景画像を+→画像で追加.これで配信画面のベースは完成

ミラー用のtwitchを配置する

+→ブラウザソースで表示できるようになります

幅と高さを背景に合わせて調整すると完成.

これだけだとまだ映像は再生できません.
ブラウザソースを右クリックすると対話が出てくるので,それをクリックするとブラウザを操作できます

これで配信を全画面表示することで,Twitch画面のミラー配信ができるようになりました.

LAN内で別のPCを使う場合はobs-ndiがおすすめ

オーディオビジュアライザの配置

ここからプラグインをダウンロードして,OBSのプラグインフォルダに配置したら,Audio Visualizerの項目が出てきます.

それを追加すると設定画面が出るので,Audio sourceから入力を決めます

これで音の変化に合わせて動くようになりました.
細かい設定は割愛

Streamlabsの諸々を配置

配信で使うアカウントでStreamlabsにログインすると色々配置できます.
配置はブラウザソースで.

Tweetdeckを配置

対話モードでログイン.配信で使うハッシュタグを検索して適当に配置するとOK
Alt+ドラッグでトリミングできます

hashtag_tweet_viewerの配置

ここからDLできます.v0.2.4がランダム表示しないのでこれがおすすめ

背景に適当なループ素材を配置

GIMPで透明な背景にしたときはコレを表示させるといい感じになります.
派手じゃない素材がいいかも?

繰り返しにチェックを入れましょう.
ぼくのPCの場合はグラフィックがオンボードだけどi7 8086kなので,CPUで殴らせました.(Twitchが止まったら嫌なので)

ブラウザソースの音声を再ルートさせるとPCから音が出なくなるので,モニタと出力にするとPC側からも音が出ます.そうするときはデスクトップ音声は配信に載せないようにしましょう.

これであらかた完成.レイヤは適当に調整し魔法

完成

スタジオモードを使うと間違えてシーンを切り替えてしまうなんてミスもなくなります.

お知らせのPPTXを流すときはOBS-NDIを使って他のPCから映像転送しました.

自己流でやってるので間違いあるかもしれないです

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください