ネットワーク越しのPCでDJする

DJ,始めたはいいけど,身近な知り合いがやってないのでB2Bみたいなのが軽率にできない

じゃあ遠隔でやろう

というわけでそれっぽい環境を作ろうとしました
とはいえコントローラが複数あるわけでもないので,MIDIコンをネットワーク経由で使えるようにするだけです.が,正直これをやったところで…
つまりクソ記事です.

完成予想図

※注意 Haruが適当に色々やってるだけです.自己責任でお願いします

必要なもの

  • MIDIコントローラ
  • PC2台以上
  • LOOPMIDI
  • MIDI-LAN
  • DJソフト(ここではMixxx)

MIDI-LANを入れる

DLして解凍するだけです.
ClientはMIDIコンがつながってるPCで起動させ,ServerはDJソフトが有るPCで起動させる

サーバ側にLOOPMIDIを入れて設定する

インストーラの手順に従ってインストールすればOK
起動するとこんな感じの画面が出てくるので+を押して搾精する

MIDI-LANを起動する

Javaが必須です.適宜インストールしましょう

サーバ側

no connectionのプルダウンメニューをクリックし,さっき作ったloopmidiを選びます

STANDBYを押したらサーバ側は準備完了

クライアント(MIDIコンをつないでる方)

MIDI-LANのクライアントを起動させ,サーバのホスト名かIPアドレスを入力

プルダウンメニューからDJコントローラを選び,STANDBYを押す
起動させ,MIDIコンを操作させると表示が変わります

これでクライアントの準備は終わり

疎通確認

サーバ側でMIDI Monitorをクリックし,クライアントのMIDIコンを操作したら何を操作したかが流れてきます.

これで接続ができました

DJソフトでMIDIのアサインをする

これが死ぬほど面倒くさいです

ソフトによってすでに用意されてたりするものもありますが,基本使えないと思ったほうがいいでしょう.

RekordBoxやVirtualDJで試してみましたが,

Rekordbox:LoopMidiがコントローラとして認識できないのでそもそもMIDI編集画面が開けない
VirtualDJ:アサインはできたけど何故か動かない

と,散々だったのでMixxxを入れてみました.

オプションから設定を開きます

設定のControllersを展開すると,loopMIDI Portが出てくるのでそれを選択

有効化して,Learningn Wizardから設定.

めんどくさかったので基本的な機能だけアサインする

適用してMIDIコンを操作したら何かしら動くはずです.

これを応用したら遠隔B2Bできると思うけど,事前準備であるアサインが面倒くさい上に,ジョグをどう適用すればいいのかわからないので諦めています.

今後やってみたいこと

  • Rekordboxで認識できるようにMIDIインターフェースをゴニョゴニョさせる(多分これが一番実用的)
  • 実際にB2Bする場合,Windows10外部公開はマズいので何かしらサーバを経由させたい
  • 音声を各DJにどう流すか
  • MIDIコンをどうやって光らせるか(メータとかPADとか)

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください