遠隔B2B Rekordbox編

簡易的にまとめてますが,ちゃんと書き直します

DDJ-400等の同じコントローラ二台でB2Bをやるときの準備等を書いています.

必要なソフトウェア(共通)

  • rtpMIDI
  • Voicemeeter Banana
  • ParsecやAnydesk等のリモートデスクトップツール
  • Zerotier

必要なソフトウェア(ホスティング側)

  • VirtualHere Client(USBメモリ使用時)
  • Rekordbox Ver.5(6では未検証)
  • OBS Studio

必要なソフトウェア(参加者側)

  • VirtualHere Server(USBメモリ使用時)

前準備

VPN網作成
参加者ホストともにファイアーウォールを無効化(なぜかVBANパケット等が通らない)

DDJ-400を強制MIDIモードに変更

ホスト側での接続準備

DDJ-400がホストPCにつながっている場合

rtpMIDIで適当なデバイスを作成→MIDIデバイスDDJ-400をrtpMIDIで作成→適当なデバイスをDDJ-400(rtpMIDI)に接続させる→参加者のデバイスを追加

DDJ-400がホストPCにつながっていない場合

rtpMIDIでDDJ-400を作成→参加者デバイスを追加

参加者側での接続準備

rtpmidiで適当な名前(ハンドルネームとか)でMIDIデバイスを作成

ホスト側で追加されるのを待つ

接続後に音声がDDJ-400から流れない,挙動がおかしい場合

DDJ-400を再接続,VoicemeeterでDDJ-400再指定で治ります

DDJ-400として認識されるときはいつか

DDJ-400の信号をrtpMIDIにフォワードしたタイミングです.その後は引っこ抜いたりコントローラ追加したりしても大丈夫だと思います.

FAQみたいなもの

Rekordbox6でできない?

多分ホストPCにDDJ-400がつながっていれば動くんでしょうが,まだ試していないので不明です.
Rekordbox6からHardware Unlock周りが絡んでいるので,MIDIデバイス名での識別以外になにかが絡んでいそうです

複数コントローラでできない?

DDJ-400だけが接続時に応答なし等になるみたいな情報を得ているので他のコントローラだとVirtualHereでなんとかなると思います

Rekordboxが複数のコントローラでのジョグコントロールをサポートしていないみたいな噂は聞いたことはありますが,実際どうなのかわかりません.有識者教えて下さい.

VirtualDJでRBで書き出した音源を認識できるのでそれを使うのもありではないでしょうか.あっちなら色んなコントローラ使えますし

VirtualHereでUSBデバイスを参照できない

システム起動時にSYSTEMユーザがvhui64.exeプロセスを作成してるはずなのでKillしてから再実行してください

USB3.0は非対応なのでゆっくり差し込んで2.0として認識させるか,2.0接続のハブに差し込むなどしてください

なんか

ここから何か書く予定

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください