STAGEAでスクリーンショットを撮影する

特定のMIDIを送信するといつでもどこでも撮ることができます.

この手法は, http://web.archive.org/web/20070813235454/http://www.electone.com/article/?f=view&i=85 のものです.

0. 準備

以下のものを用意してください.

  • PC
  • USBメモリ
  • Smartmedia *ELS-01の場合
  • MIDIケーブル OR USB TYPE-Bケーブル

1. PCで信号を送信して撮影する場合

ここではDominoを使用します.
ここからDominoをDLして,起動してください.
Dominoを起動する前に,STAGEAを起動,そこにMIDIケーブル またはUSB Type-Bケーブルを接続しておいてください.

1.1. Dominoの設定をする

メニューバーのファイルから環境設定を開きます

MIDI-OUTから,ELS-0xを選択します.
MIDI-OUTの音源定義ファイルの設定は不要です.

1.3. スクリーンショットを撮る

以下のMIDIファイルをダウンロードして,Dominoにインポートしてください

以下のウィンドウが出てきますが,はいを選択してください.

再生すると,STAGEAから2度ウィンドベルダウンが流れます.
このとき,USB 01かSmartmediaのルート直下に画像が書き込まれます.

1.4. スクリーンショットを確認する

STAGEA内でスクリーンショットを確認することはできないはずなので,PC等に接続して,開いてください.
ファイル名はCAPT%4d.bmpで保存されます.

ファイルプロパティ

こんな感じです.

2. STAGEA単体で撮影する

準備中…

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください