3万円で高性能なパソコンを組んだ話

とりあえずまともなパソコンを組みたかった

なんで組まなかったの

単純に金がなかっただけです.今も普通に足りません.

まずパーツを買う

いろいろ悩んだ結果こうなりました

部屋から引っ張ってきたものとか

CPU:intel core i7 8086k
ケース:みかんのコンテナ
電源:サイズ ATX電源 CORE POWER3500W CORE3-500

追加で買ったもの

RAM

シリコンパワー(PC4-21300) 8GB×1枚

安さ重視で選びました.


マザーボード

ASRock Z390 Pro4

MicroATXマザーを使った時の狭さが気になっていたのと,そのうちいろいろ拡張しそうなので大きいものをチョイス.

SSD

シリコンパワー SSD 120GB

HDD自体はいっぱい持ってるのでHDDで組んでも良かったのですが,普段使いのノートパソコンで痛い目にあってるのでSSDに…

CPUクーラー

サイズ 超天 CHOTEN

虎徹でもいいんですが,他のケースに移設するときに合わなかったときが不味そうなのでこれにしておきました.

とりあえず組む

CPUとメモリをマザーボードにぶち込みます.これだけで8割終わったもんです.

あとは電源ユニットとマザーボード,ストレージと接続すれば完成です

初期状態の映像出力

今回使ったマザーボード,Z390Pro4は初回起動時の映像出力がD-SUBだけです.
グラフィックボードを載せた場合はどうなるのかはわかりませんが,オンボードグラフィックを使うならD-SUB対応のモニタを一応持っておいたほうがいいです.
ぼくはここで詰まりました.

OSを突っ込む

他のブログで解説してる人が多いと思うのでここでは割愛します
F11でBootSelecterに入ってUEFIでインストールメディアを読み出してインストーラーを走らせればOKです
その後にドライバDVDで突っ込んでインストールすれば終わりです

現状

ケースを買わないままいろいろやってたら散らかってしまいました.

Related Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください