Windowsの純正機能を使ってWi-Fiを有線LANに流す

いつ使うの?と思うけどいざというときに役に立ったりする

準備するもの

  • 無線LANが使用できるLANポートを積んだPC
  • LANケーブル
  • インターネットに接続させたいPC

設定方法

1. ネットワークアダプタの一覧に飛ぶ

ルーター側にしたいPCで,コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター→アダプターの設定の変更の順にクリックして以下の画面を出す.

2. 共有元のネットワークアダプタのプロパティを開く

3. 共有タブをクリック,共有先のPCを準備する

まず,”ネットワークの他のユーザーに、このコンピューターのインターネット接続を通しての接続を許可する”にチェックを入れます.

次に,ネットワークを流すアダプターを指定.ここではイーサネットに流したいので,イーサネットを選択.

OKを押すと共有先に設定したアダプタにDHCPでアドレスが振られるようになります.
192.168.137.1がイーサネットアダプタのIPで,192.168.137.xが接続されたコンピュータに割り当てられます.

イーサネット側のIPv4プロパティ

ちなみにこれを応用すると,VPN接続を有線LANで転送なんてこともできたりする.

Related Posts:

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください